脆弱性評価システム

脆弱性評価システムとは

脆弱性評価システムは、LAN内に設置されたサーバーやネットワーク機器などの脆弱性を、最新の攻撃パターンで実際に擬似攻撃することにより数多くの脆弱性を発見することが出来ます。その攻撃パターンファイルは2014年9月現在36,000以上におよび、リアルタイムに攻撃結果をレポート作成します。これらの攻撃パターンファイルは日々更新、追加されます。

本システムは通常のセキュリティソフトとはそもそも考え方が違います。 本システムは「脆弱性検出システム」であり、このシステムは人間での健康診断の実施になります。

脆弱性評価システムの概要

  • 脆弱性評価システムを利用することで、いち早く脆弱性を発見することができます。その結果、何かしらの対策をすることができ、企業の利益を守ることが可能です。
  • 市販のセキュリティソフトと異なり、セキュリティに対する予防を行っています。

脆弱性評価システムの機能

1.IT環境全般の脆弱性テストが容易に行える

2.様々な攻撃パターンを用意

3.最新パターンの攻撃にも対応

※ パターンファイル更新数(新規追加・更新含む)
7/4:669種類 7/16:174種類 7/23:2883種類
ある程度纏まった段階で更新を行う為、月に数回の更新になります。ただし影響度が高い、緊急性を要する脆弱性が発見された場合はこの限りではありません。

4.最新パターンの攻撃にも対応

※ CVSS:特定のベンダーに依存しない脆弱性に対する汎用的な評価方法。 セキュリティ対策の国際組織であるFIRSTが管理、推進している共通評価システム。

脆弱性評価システムの特長

1.専門的な知識が不要

2.総合的なネットワーク・セキュリティ

3.包括的なテスト機能

4.レポート作成機能

5.スケジューリング機能

6.アドバイザリ

7.オンリーワンのソリューションである